RedWing 新作情報

ついに登場!レッドウィングの「青」と「緑」

このところレッドウィングの新作が次々と発表されていますね。

8月に満を時して発売したカヌーモックの2型。
予約段階ですでにパニック的な人気を博している茶芯ブラッククローンダイクのエンジニアブーツ。

どちらも買った、買うの声がすでに聞こえてきています。

そして今日、いよいよあのモデルがお目見えしました。

以前、不確定情報として記事にしていた()新作の中でも、特に評判の良かった2モデルです。

まずは、待っていた方も多いと思われるインディゴポーテージ8853です。



人気のうちに生産終了になって幻のモデルとなったオックスフォード8100に使われていたインディゴポーテージが、定番の6インチモックトゥで復活です。

ソールにはめずらしい黒のトラクショントレッドが合わされていて、8100とはまた違った雰囲気がありますね。
ブーツということで、履く時期を考えて爽やかなイメージの8100と差別化を図ったのでしょうが、大正解だと思います☆
カスタム派の方はラグソールに交換する手間も省けるかもしれませんね。


そして、もうひとつはレッドウィングファンの間では有名な緑セッターの復刻版8180です。



暗めの緑が、履き込むとどう変化するか楽しみな一足です。

高値で取引されている初代8180を狙っていた方には朗報ですね。



このところレッドウィングは赤、青、黄、緑とカラーが豊富に揃ってきました。

白のあれが復刻されるのも時間の問題でしょうか。

※ 関連記事「レッドウィング 2014秋冬新作情報☆ もちろん非公式&不確定


にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へランキング参加中。おかげさまで、ただいま「アメカジ」カテゴリー1位です!!





by single_speed | 2014-08-05 22:00 | RedWing 新作情報 | Comments(0)

その一歩一歩が歴史になる


by Hori