Shoes その他

改めまして「レッドウィングジャパン広報のhori」です☆転職のお知らせ☆

こちらの記事は2015年4月1日に書いたエイプリルフールのジョーク記事です。

ネタとしてお楽しみください。





今日から新年度。
桜も満開で、新しい生活を始める人を応援しているかのようですね。

b0168993_84037100.jpg


実は、何を隠そう私も応援されているひとりなんです。

私事ではありますが、この春転職をして新天地での生活を始めます。

もしかしたらピンときた方もいらっしゃるかも知れませんが、転職先はこちらの会社です。

b0168993_2413224.png


レッドウィングジャパン株式会社。

言わずと知れたレッドウィングの日本法人です。

レッドウィング熱が再燃して2年余り。
ブログやツイッターでレッドウィングを追いかけるうちに、どんどん深みにはまってしまいました。

レッドウィングの最大の魅力はそのカッコ良さですが、同時にその根底にある素材の良さ、造りの確かさ。必要から生まれたレザーの機能性や、歴史に裏付けられ用途に特化したデザイン。
そんなものにも感銘を受け、調べれば調べるほど、知れば知るほどレッドウィングの魅力のとりこになって行きました。

そんな毎日を送っていて、ふとこの素晴らしさをもっとたくさんの人に伝えたいと思いました。

日々ブログやツイッターで発信しているつもりですが、個人の趣味の範囲では限界があります。
一番良い方法は何かと考えた結果がこの転職です。

そんな私の仕事は広報。
本国やアムステルダムで活用しているブログやツイッター、タンブラーやインスタグラムなど、日本ではまだ取り組みのないSNSを活用した広報活動を担当します。

公式アカウントを新たに作るのも良いのですが、あまりビジネス臭のするものにしたくないのと、私が日頃お世話になっているネット上のレッドウィングコミュニティーを大切にするために、私のアカウントをそのまま公式として使う許可を得ました。

就業後すぐに準備を始めて、今週中にも当ブログと私のツイッターアカウントを公式化する予定です。

ブログタイトルは変わる予定ですが、内容は基本的に今のままです。
赤羽写真館も名称を変えざるを得ませんが継続させます。

買い手から売り手へと立場は変わりますが、ひとりのレッドウィングファンというスタンスは変わりません。

今まで以上に掘り下げた内容や、今まで以上に先出しの情報を発信して行きますので、今後ともよろしくお願いします。

















すみません、今年もウソです。
ウソと言うか妄想です。
ごめんなさい。。。

でも私のレッドウィング愛に偽りはありません☆



にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へランキング参加中。おかげさまで、ただいま「アメカジ」カテゴリー1位です!!





Commented by お兄やん at 2015-04-01 10:17 x
いやー、やられた(笑)まんまと引っ掛かってしまった(笑)
Commented by dongabako at 2015-04-01 20:04 x
是非、私を広報のアシスタントに雇用してください。RWのTVCMとかイメージムービーを作ってみたいですね!

否、ジャパンモデルの企画部長がいいかな?
ざっと考えてもやるべきことが多いと思います!

否、やっぱり経営そのものかな?すでに描く未来像はあります!



Commented by dicekebe at 2015-04-02 05:46 x
今年は騙されませんでした!
Commented by single_speed at 2015-04-02 21:51
お兄やんさん、コメントありがとうございます!
そういうリアクション待ってました!ガンバって画像を作った甲斐がありました^ ^
Commented by single_speed at 2015-04-02 22:00
dongabakoさん、コメントありがとうございます!

レッドウィングのTVCM。面白いですね☆
イメージ戦略って重要ですよね。

dongabakoさんの描くレッドウィングの未来、とても興味があります。
私もこの記事を書いていて色々と妄想が膨らんでしまいました。
そのくらい人を夢中にさせる魅力がレッドウィングにはありますね。
Commented by single_speed at 2015-04-02 22:06
dicekebeさん、コメントありがとうございます!
見破られましたか!鋭いですね^ ^
私なんて自分でエイプリルフール記事を書いておきながら、ツイッターで2つもウソを真に受けてしまいました^^;
by single_speed | 2015-04-01 08:00 | Shoes その他 | Comments(6)

その一歩一歩が歴史になる


by Hori