赤羽写真館

赤羽写真館 No.308

【 モデル名/型番 】:875

b0168993_16565974.png


【 お 名 前 】:アキヒロ

【 普段のお手入れ方法 】:
オイルが入れ過ぎぐらいに入ってたので、ひたすらブラッシングです。

【 コメント 】:
何気なく入ったショップで見つけました。スクエアステッチも無くおがみモカでもなく、犬タグも微妙だったので偽物だと思いスルーしました。でも、何故か気になり、半年後にもう一度訪れるとまだ売れていなかったので、連れて帰りました。かなり汚れていましたが、ブラッシングしてみるとかなり綺麗になりました。875を調べてみると、1963年から1965年だけ製造されたかぶせモカと分かりました。かなり希少でレアみたいです。




アキヒロさんから4回目の投稿をいただきました!

過去の投稿
[No.296][No.298][No.304]

前回のかぶせモカ875の別ショットですね。

長く愛される定番に大切なのはずっと変わらないことではなく、絶えず進化し続けることだと聞いたことがあります。レッドウィングの875はまさにそれですよね。
性能を上げて行くことも大切ですし、時には(性能を維持できる範囲で)コストを下げて利益を確保することも大切なことです。
結果、時代々々で仕様の異なるものが存在することになりますが、レッドウィングはそこがさらに魅力になっている稀有な例かもしれません。

こんなめずらしいモデルを見ると、色々なことを考えてしまいますね。

投稿ありがとうございました!

にほんブログ村 ファッションブログ 靴・スニーカーへ
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
ランキング参加中。おかげさまで、ただいま「アメカジ」カテゴリー1位です!!

by single_speed | 2018-02-05 19:30 | 赤羽写真館 | Comments(0)

その一歩一歩が歴史になる


by Hori